当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

さぬき美探訪

VOL.248 2018年09月06日

音丸耕堂展-
華麗なる彫漆世界

音丸耕堂《彫漆月之花手箱》1942年、高松市美術館蔵
音丸耕堂《彫漆月之花手箱》
1942年、高松市美術館蔵

彫漆(ちょうしつ)とは、器物の表面に漆を幾重にも塗り重ねて層を作り、その上から模様を彫るもので、江戸時代末期に高松で活躍した讃岐漆芸の祖・玉楮象谷(たまかじぞうこく)が確立させました。音丸耕堂(おとまるこうどう)(1898-1997)は、先人たちの優れた技術を継承するとともに、豊かな色漆を駆使した大胆な意匠の作品を生み出し、1955年には彫漆の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。今回は《彫漆月之花手箱》と《彫漆八仙花香合》から、耕堂作品の魅力をご紹介します。

《彫漆月之花手箱》は、耕堂が新文展で自身初となる特選を得た作品です。月之花とは夕顔のことで、闇夜の中で月明かりに照らされた花が表現されています。もともと漆は、朱、黒、黄、緑、褐色の五色に限られていましたが、耕堂は新素材のレーキ顔料をいち早く取り入れ、難しい中間色や鮮明な色漆を駆使して制作しました。本作でも漆特有の深い黒と、色漆による明色とのコントラストが印象的です。

また、箱全体を使った描写も耕堂の重要な特徴です。耕堂は若い頃、同じ高松出身で竹内栖鳳(たけうちせいほう)門下だった穴吹香邨(あなぶきこうそん)のもとで絵を学び、付け立てという下書きなどをせず直接筆で描く技術を身に付けました。立体物である箱に自然な描写ができるのも、この技術が生かされています。

音丸耕堂《彫漆八仙花香合》1950年頃、高松市美術館蔵
音丸耕堂《彫漆八仙花香合》
1950年頃、高松市美術館蔵

ほかにも耕堂作品の優れた特質として、モチーフの図案化があります。初期には写実的な描写が見られましたが、それらは徐々に図案化されていきました。《彫漆月之花手箱》のようにモチーフを簡略化したものがある一方で、より幾何学的な図案を用いた作品もあります。そのひとつが《彫漆八仙花香合》です。この作品では小さな香合全体に幾何学的にデザインされた花を配し、紫陽花を表現しています。花は上から下へ大きくなるとともに、彫りの角度に抑揚をつけることで変化を生み、鮮やかな色漆が作品に華やかさを与えます。

本展は、高松市美術館開館30周年、そして耕堂の生誕120周年を記念し、代表作品や貴重な資料等約60点を通して耕堂の仕事を通覧する回顧展です。見る者を魅了し続ける音丸耕堂の華麗な彫漆世界をお楽しみください。

高松市美術館開館30周年記念特別展
「音丸耕堂展―華麗なる彫漆世界」


【ところ】高松市美術館(高松市紺屋町10-4)
【と き】9月15日(土)~10月21日(日)
【入場料】一般800円、大学生500円、高校生以下無料、身体障害者手帳または精神障害者保険福祉手帳所持者は無料

高松市美術館 橘 美貴

さぬき美探訪とは

美術館や博物館の学芸員と野菜ソムリエが香川が誇る「美」と「味」をご紹介します。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動