当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

BK News

VOL.247 2018年08月16日

リスナーのアイデアが
セブン-イレブンのおにぎりに

リスナーのアイデアがセブン-イレブンのおにぎりに
会議は白熱

毎週金曜にFM香川(78.6MHz)で放送している「ウィークエンドシャトル」内のコーナー「来てみまい!セブン-イレブン!」(11時40分ごろ~)で生まれたアイデアをもとに、おにぎり2種が商品化された。


はじまりは、毎月テーマを決めて番組リスナーからアイデアを募集する「商品企画会議」から。4月のテーマ「おにぎり」に寄せられた鮭とたくあんと大葉を使ったアイデアが、現在セブン-イレブンが力を入れている「健康」にこだわった商品展開と合致。もち麦を使ったおにぎりとして商品開発がスタートした。

さっそく、協力工場である「わらべや日洋」(坂出市)の女性スタッフを中心に試行錯誤した4つの試作品を、番組パーソナリティの桂こけ枝さん、筒井智子さんが試食。セブン-イレブンの商品担当者をはじめとした約20人も交え、具の大きさや味付けは・・・など、意見を出し合った。その席上で出された「肉うどんに卵をかけるのが好き」というこけ枝さんの発言から、イリコだしをポイントにしたもう1種のおにぎりの開発も決定した。

その後、試食と試作を重ね、スタートから2カ月あまりかけて「もち麦もっちり!枝豆大葉しゃけ(つぼ漬入)」(130円・税込)と「桂こけ枝監修いりこ香る!牛玉ごぼう」(150円・税込)が完成した(写真下)。「アイデアだけではなく、試作後も皆さんに意見をいただいたおかげで商品がブラッシュアップできました。リスナーさんとセブン-イレブンの思いが形になった自信作です」と、プロジェクトのリーダーを務めた商品本部・鈎(まがり)隆治さん。現在、香川をはじめ四国4県と岡山、広島県東部地域、鳥取、島根で発売中だ。

「もち麦もっちり!枝豆大葉しゃけ(つぼ漬入)」(130円・税込)
「もち麦もっちり!枝豆大葉しゃけ(つぼ漬入)」(130円・税込)

「桂こけ枝監修いりこ香る!牛玉ごぼう」(150円・税込)
「桂こけ枝監修いりこ香る!牛玉ごぼう」(150円・税込)

BK Newsとは

HOTな経済ニュースや街ネタを紹介。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動