当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年10月16日更新

湧き出る好奇心と探求心 日本貿易振興機構(ジェトロ)地域統括センター長(四国)香川貿易情報センター所長 平井 利長さん

「高松へ来て、地方の暮らしやすさをあらためて実感しました。食べ物がおいしくて安くて、いいですね」。休日は、県内各地へ足を運ぶ。静岡県出身で、東京のほか神戸や松江、アメリカのニューヨークやボストンでの勤務を経験してきた。

蔵元巡りがライフワーク

大学時代に東南アジアやヨーロッパを旅した。1年間、アメリカに留学したこともある。大学入学までは英語が苦手だったという。「国際的な視点を持つことを重視している学校でした。そこで初めて、世界に目が向きましたね」

留学では、英語をうまく話すことよりも、伝えたいという気持ちが大切だと感じた。コミュニケーションを図るにはどうすればよいか、身をもって経験したことで、度胸も据わったそう。「残念ながら、一緒にボストンに滞在した子どもたちのほうが、英語は流ちょうです」

10年ほど前に「唎酒師」の資格を取得。日本酒の歴史や造り方を学び、料理に合う酒の提案ができるようになることを目指すものだ。学生時代はいわゆる第一次地酒ブーム。そのときにおいしい日本酒を知ったことがきっかけで、はまった。

「全国の蔵元を訪れて酒を味わうことと、日本酒のおいしさを世界に広めることが、ライフワークの1つ。冬から春にかけて、新酒を味わいながら蔵を巡りたいですね」

日本と世界をつなぐ

「貿易を通して、日本と世界をつなぐ。こんなにやりがいのある仕事はありません」。高松への着任後、ジェトロ香川のミッションステートメントをスタッフとともに作成した。「国際ビジネスを支援して地域の富を増やす」というものだ。

「ジェトロは商社ではありません。直接、商品の売買はできませんが、支援者として地域の役に立てたら。企業の取り組みが円滑に進むよう、ガイド役を務めたいですね」。まずは、顧客が何を望んでいるのか、じっくりと話を聞くことから始める。

「今、高松の盆栽をアジアやヨーロッパなど海外で販売するお手伝いをさせていただいています。『第2の盆栽』となるものを発掘したいですね」。そのためにも、香川の西から東までいろいろなところへ行き、たくさんの人に会いたいと考えている。

「50歳になっても、知らないことはまだ多いですね」と話す平井さんの目は輝く。「自然や歴史、食文化、観光名所、祭りなどあらゆるものと出合えることが楽しみです」

ジェトロとしての新しい試みも考えている。「宿泊施設や飲食店の接客など『日本のサービス』はレベルが高く、海外でも喜ばれると思います。おもてなしの心を感じられるサービスのノウハウを、商品として海外へ紹介できれば」

平井 利長 ひらい としなが

平井 利長
  • 1964年4月 静岡県沼津市生まれ
  • 1988年3月 国際基督教大学教養学部 卒業
  • 1988年4月 ジェトロ 入構
  • 1993年4月 中小企業庁 国際室 調査係長
  • 1995年3月 ニューヨークセンター PR担当ディレクター
  • 2002年12月 松江貿易情報センター 所長
  • 2006年8月 企画部 事業推進主幹(国内)
  • 2008年5月 企画部 国内事務所運営課長
  • 2010年1月 在ボストン日本国総領事館 領事
  • 2013年7月 企画部 事業推進主幹(北米・大洋州)
  • 2014年8月 地域統括センター長(四国)兼 香川貿易情報センター所長

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動