当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年9月4日更新

転勤を経て再びふるさとへ 休暇村讃岐五色台 副支配人 柴山 武志さん

三豊市出身。今回の赴任は、久しぶりに地元での勤務となった。各地への転勤を経て、昨年五色台に帰って来た。「お遍路さんの姿を見ると、四国に帰ってきたんだと実感しますね」

印象に残る瀬戸大橋開通

普段は休暇村の寮で生活。休日になると、家族が待つ三豊市の自宅に帰る。畑仕事に精を出し、ナスや落花生を育てていたこともある。「家で作って食べる落花生は格別でしたね」

中学・高校ではバレーボール部に所属。「中学時代はネットから手が出ましたが、高校生になると背が追い付かなくて」と笑う。セッターとして活躍したそうだ。高校卒業を控え、就職活動を開始。入社試験のときのことはよく覚えている。

当時、瀬戸大橋は建設中で、休暇村から橋げただけが見えていた。「こんなに景色のいい所が香川にあったのかと驚きました。ここは瀬戸内海を見るのに最適な場所なんです」。入社後は忙しい日々を送った。瀬戸大橋が開通すると、ロビーに人があふれ、入りきらないほどだった。

休暇村は1995年に改築し、客室を66部屋に増やした。「修学旅行など団体旅行客でにぎわっていたというのが、最初の五色台勤務のときの印象です」

趣味は広報活動

全国に37カ所ある休暇村は、国立・国定公園等の中に設けられた宿泊施設。自然との触れ合いと休養の提供を目的に、休暇村協会が運営している。

「趣味は、広報活動です」という柴山さん。96年に赴任した淡路島。阪神淡路大震災の翌年のことだった。「地域の結束力やエネルギーを感じました」。休暇村も観光協会の一員として、地元の盛り上げに尽力。明石海峡大橋の開通も後押しして、休暇村南淡路は活気を取り戻していった。

広報活動と営業を専門に行う大阪センターでは、テレビ局や新聞社への営業、旅行会社へのツアー企画の提案などに携わった。その後、岡山県総社市の国民宿舎へ出向。リニューアルオープン時の広報活動を手掛けた。積極的に取材を受けたり、広告を出したりなど、大阪時代に培った「宣伝力」を発揮した。

柴山さんが広報活動で心掛けているのは、売り出したいポイントを箇条書きにまとめることと、アポイントメントを確実に取ること。「『またお願いします』ではなく、いつ実施できるのか、その場で決めるようにしています」。広報のチャンスを逃さず、確実にとらえる。今年は瀬戸内海国立公園指定80周年。休暇村讃岐五色台では、記念行事として「五色台フェスティバル」を9月14日に開催。森のクラフト体験教室や自然観察ハイキング、産直市などを予定している。

「今はインターネットで何でも見られて、買い物もできます。『足を運ぶ価値がある』と思ってもらえないと、今後、より厳しい状況になってくるでしょう」

ただ、取り繕って華美に見せることは好きではない。「お客様に対して正直でいたい。お客様にとって、適切で快適なサービスを提供できれば」

柴山 武志 しばやま たけし

柴山 武志
  • 1965年4月 三豊市高瀬町生まれ
  • 1984年3月 県立高瀬高校 卒業
  • 1984年4月 五色台国民休暇村 入社
  • 1996年4月 休暇村南淡路
  • 1999年11月 休暇村大阪センター
  • 2003年4月 国民宿舎サンロード吉備路
  • 2006年10月 休暇村瀬戸内東予
  • 2011年12月 国民宿舎レインボー桜島 支配人
  • 2013年4月 休暇村讃岐五色台 副支配人

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動