当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年8月21日更新

釣りと旅行で一家団らん セブン‐イレブン・ジャパン 香川地区ディストリクトマネジャー 岩本 洋樹さん

「四国では、セブン−イレブンは新参者。広く知っていただきたいですね」。2012年10月に、出店の準備で香川へ赴任した。

四国へ初出店

「初めてのことばかりで、何をどうすればよいか分からなかったですね」と、着任当時を振り返る。身近にセブン−イレブンがない生活も初めてだった。まず行ったのは、香川・徳島のコンビニエンスストアを見学すること。品ぞろえや在庫をチェックしながら両県のコンビニ全店を回った。

「香川は酒類の売上が少ないと言われています。売れないから品数を少なくするのではなく、品数が少ないから売れないのだと考えました」。あえて、酒類を豊富にそろえた。昨年3月1日に、香川で8店、徳島で6店のセブン−イレブンをオープン。愛媛にも出店し、来年には高知にも1号店ができる予定だ。

「近くて便利」は全国共通。店舗経営は、各地域での「使われ方」を捉えることが必要だそう。「香川では、コンビニは小さなスーパーマーケットのような役割を果たすと思います。何より充実した品ぞろえが大切でしょう」

大学生のころ、セブン−イレブンの業務内容に興味を持ったのが、入社のきっかけ。店舗の担当となり、売上向上のための情報提供や経営についてアドバイスする「オペレーション・フィールド・カウンセラー」になりたいと思った。若いうちから経営に深く携われるところに魅力を感じた。

「オーナーに対して言いづらいことや耳の痛いことが、お店のためになることです」。顧客のため、店舗オーナーのために厳しいことも言う。

家族そろって四国一周

妻と2人の息子は千葉の自宅に。昨年の夏休みは、数日かけて四国の名所を巡った。徳島の渦潮、大歩危小歩危、高知の四万十川、愛媛の松山城、道後温泉、香川は小豆島へ。

釣りが好きで、子どもたちと一緒にバス釣りを楽しむ。「どこに何がいるか、どういうルアーを使えばいいかなど作戦を練るところが面白い。香川でも時間ができたら釣りをしたいですね」

大学時代にはテーマパークでのアルバイトも経験。そこで接客の基本を学んだことも今に生きている。「釣りも好きですが、仕事が趣味のようなものですね」

さらなる質の向上を

入社時から「質の追求」を叩き込まれてきたという。「おいしい商品を提供しお客様にとって良い店であれば、集客できるはず。そういう意味では、コンビニはまだ飽和状態ではないと思います」

セブン−イレブンはJR四国と業務提携し、JR四国管内のキヨスクを順次提携店舗にリニューアルしていく。「数あるコンビニエンスストアの一つではなく、コンビニといえばセブンと言ってもらえるようになれば」

岩本 洋樹 いわもと ひろき

岩本 洋樹
  • 1972年4月 千葉県船橋市 生まれ
  • 1996年3月 明治大学 政治経済学部 卒業
      株式会社セブン-イレブン・ジャパン 入社
  • 1998年3月 木更津地区オペレーション・フィールド・カウンセラー
  • 2002年3月 船橋地区オペレーション・フィールド・カウンセラー
  • 2004年8月 木更津地区ディストリクトマネジャー
  • 2007年1月 習志野地区ディストリクトマネジャー
  • 2009年1月 札幌東地区ディストリクトマネジャー
  • 2013年1月 香川地区ディストリクトマネジャー

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動