当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年7月3日更新

スキーとゴルフを楽しむアウトドア派 ファミリーマート 開発本部 四国地区開発統括部長 宮本 信さん

四国地区での勤務は、今回で2回目。大阪生まれの兵庫育ち、自宅は京都にある。「初めて赴任した時は、うどんに衝撃を受けました。大阪はだしにこだわり、香川は麺にこだわると感じました。うどんの麺がこんなにもおいしいものだとは、香川に来て初めて知りましたね」

家族でスキーへ

両親の影響で始めたスキーは、40年以上続けている。大学ではサークルに所属し、年に2回はスキー旅行へ出掛けた。夏はバイクでツーリングを楽しんだアウトドア派だ。

結婚後は、家族とともにスキー旅行を楽しむように。名古屋勤務の時には、冬になると子どもたちを連れて毎週のようにスキーに出掛けた。「今でも年に1度は家族を連れて行きます。長野県の白馬が印象的です。あの景色は素晴らしいですね」

夏場はもっぱらゴルフを楽しむ。四国でもいろいろなゴルフ場を訪れている。「ゴルフそのものよりも、自然の中で仲間と過ごすことが好きです。北海道へゴルフ旅行に出掛けてみたい」

今年に入って、高校生の息子もゴルフを始めた。何度か一緒に練習場へ通い、先日コースデビューを果たしたばかり。息子とコースを回るという楽しみが増えた。

ファミリーの輪を広げたい

大学では経営学部で、フランチャイズの店舗経営について学んだ。就職活動をしていたのは、1988年のバブル景気全盛期のころ。流通関係や食品メーカーへの就職を考えていた。

当時は、コンビニエンスストア自体がまだメジャーではなく、フランチャイズ経営もあまりなじみのないものだった。「ファミリーマートは、関西への出店がまだ少なく、今後の広がりを感じました。面接の際、事業拡大の夢を語った人事担当者の言葉も印象的でしたね」

入社以来、関西や四国を中心に、店舗拡大業務に携わってきた。酒店や米穀店に飛び込んで、ファミリーマートへの商売替えを提案して回ったことも。「新店舗の開発は、地域に入り込む仕事です。土地の貸し主やフランチャイズ加盟店のオーナーから『ファミリーマートにしてよかった』と言われると、うれしいですね」

これまで、人との出会いや付き合いを大事にしてきた。「まず自分のことを知ってもらう。人として認められ、受け入れられないと、ビジネスの話はできないと思います。相手の立場で考え、独り善がりの仕事にならないように心掛けていますね」

四国地区だけでも、出店に携わった店舗は200店近くになる。2度目の赴任となった今回は、加盟店オーナーに「お帰りなさい」と迎えられた。香川を第2のふるさとのように感じている。

「2~3年以内に、四国地区の出店数500店舗を目指しています。お客様や加盟店オーナーの笑顔を増やし、"ファミリー"の輪を広げたい」

宮本 信 みやもと まこと

宮本 信
  • 1967年2月 大阪府豊中市生まれ
  • 1989年3月 京都産業大学経営学部 卒業
  • 1989年4月 株式会社ファミリーマート 入社 開発本部配属
  • 2003年9月 中国・四国ディストリクト 開発課長(四国地区)
  • 2007年3月 関西第1ディストリクト 開発課長(京都・滋賀地区)
  • 2009年12月 関西第2ディストリクト 開発部長(大阪・奈良・和歌山地区)
  • 2012年3月 四国ディストリクト 統括部長
  • 2013年3月 開発本部 四国地区開発統括部長

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動