当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年6月19日更新

スポーツは妻と一緒に楽しむ 日本政策金融公庫 高松支店長兼中小企業事業統轄 渡辺 英也さん

今年の4月に着任。家族は千葉県佐倉市の自宅に残り、単身赴任だ。「4度目の単身赴任。妻からレシピを教えてもらい、料理も難なくできるようになりました」。週末はできるだけ自炊する。

夫婦そろってテニスと卓球

子どものころから球技が好きだった。小学生のときは野球に夢中になり、中学校では卓球部に所属。社会人になってからはテニスを始めた。最初の赴任地である長野県の松本で、職場の仲間に誘われたことがきっかけだ。誘い合って休日は早朝から練習に励んだ。

その後、転勤してもテニスは続けた。「妻と親しくなったのも、テニスのおかげです」。同じ支店の勤務で、通っていたテニススクールも同じだった。「試合をつくるのは、妻のほうが上手です」

テニスで大切なのは、パワーやボールのスピードだけではないそう。「力」ではなく「知」で狙い通りに試合を運ぶ。「自分で"試合をつくる"という感覚。そこが面白いところですね」。佐倉市の市民大会で、テニスのミックスダブルスに妻とともに出場し、3位に輝いた経験もある。

1年半ほど前、もっと気軽に教室へ通えるよう、夫婦そろってテニスから卓球に競技を変更。佐倉市で、中国のナショナルチームの元コーチが指導してくれる教室に通い始めた。単身赴任となった高松でも、5月から教室に通っている。週2回、20代から70代までの人たちと汗を流す。「皆さん上手で、まだ一度も勝てていません。妻は千葉でどんどんうまくなっているようです」

高松への着任後、移動手段にと250ccのバイクを購入した。「学生時代にはよく乗っていました。懐かしいですね。せっかくなので、バイクで四国霊場や温泉を回れたら」

中小企業が日本を元気に

金融機関を志したのは、父親の仕事が影響している。祖父母が菓子店を経営していたため、父は和菓子から洋菓子までをつくる菓子職人だった。子どものころは、父の作業を見るのが楽しかった。特に結婚式の引き出物用の菓子が印象的で、鶴や鯛の形が出来上がっていくのを眺めていた。その一方で、商売の大変さも間近で見た。

大学では金融論を学び、中小企業をサポートしたいと、融資を専門に行う当時の中小企業金融公庫を目指した。「お客様の力になれたと実感するときが、うれしい瞬間です」

中小企業を支援するといっても、温かい言葉をかける場面ばかりではない。「企業が生き残るためには、大なり小なりイノベーションが不可欠です。経営が順調でも、世間の流行など外部環境が変わったときの対応は、常に考えておく必要があります」

日本政策金融公庫は、3つの政策金融機関が統合して誕生した。「3つの特性を生かしながら総合力を発揮できれば。ニッチトップ、起業家。香川にはそういう気質があります。香川の知名度向上、活性化に貢献したい」。中小企業が元気になることが、日本の発展につながると考えている。

渡辺 英也 わたなべ ひでや

渡辺 英也
  • 1962年10月 新潟県村上市生まれ
  • 1985年3月 法政大学経済学部 卒業
  • 1985年4月 中小企業金融公庫 入庫
  • 2007年4月 信用リスク管理部 信用リスク管理課長
  • 2008年10月 リスク管理部 リスク企画グループ長
     (日本政策金融公庫に統合され組織名変更)
  • 2010年4月 宇都宮支店中小企業事業統轄
  • 2012年4月 営業推進部 副部長
  • 2014年4月 高松支店長兼中小企業事業統轄

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動