当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年4月17日更新

人の喜ぶ顔が見たい 東急ホテルズ 高松東急イン 総支配人 稲守 俊彦さん

今年1月に着任。初めての香川県に、初めての単身赴任だ。まずは高松がどんなまちなのか見ようと、転勤後、最初の休日に屋島を訪れた。「山上から見ると、素晴らしい景色が広がっていて、美しいまちに来たなと思いました。休みの日はうどん店を中心に出掛けていますが、ほかの観光地にも行きたいですね」

接客業を究めたい

羽田東急ホテルで12年間勤務、その後は本社で財務の仕事に携わった。そして今年、高松東急インの総支配人に就任。再び好きな接客が出来ることがうれしかった。接客業の面白さを知ったのは、学生時代にファミリーレストランでアルバイトをしていたときだ。

「お客様の喜ぶ顔を見ると、こちらもうれしくなります。接客を究めようと、ホテルへの就職を考えました」。ホテルマンとして大切にしているのは、いつも笑顔でいること。「従業員の印象が、ホテルの評価を決めます。最近の研修では"気づき"を重視していますね。お客様にとって何が良くて悪いのか、自ら気づくことが必要です」

全国で45店舗を展開する東急ホテルズ。「安心・安全を土台にした"おもてなしの精神"が東急らしさだと思います。目の肥えたお客様にも満足していただけるよう、より質の高いサービスを提供出来れば」。ビジネス客はもちろん、観光客に向けたサービスもさまざまで、高松ならではの取り組みにも力を入れている。「スタッフがよくやってくれています」。ロビーには、瀬戸内の島々の案内がずらり。地図を掲載したパネルのほか、各島の無料パンフレットがそろう。観光客の知りたい情報が集約されている。

妻との旅行 年に1度は必ず

瀬戸内の島々は、稲守さんが行ってみたい場所でもある。「まずは直島と小豆島を考えています。直島は美術館、小豆島ではエンジェルロードを歩きたい」。旅行はもともと妻の趣味。年に1度以上は旅行しようと約束している。全国の主な観光地にはほとんど訪れ、残すは沖縄と四国だけ。「妻の喜ぶ顔を見ることも楽しみの一つです。島の次は、四国各地を案内したいですね」

稲守さんの趣味はスポーツ。するのも見るのも好きだ。中学・高校・大学とバドミントン部、羽田勤務のときは社内の野球部に所属し、本社勤務のときにゴルフを始めた。「仲間を見つけて、香川でもゴルフが出来れば」

サービスに感動を

総支配人は、ホテル全体の責任者。あらゆる場面で対応が求められる。「お客様に感動していただけるようなサービスを目指しています。東急だから泊まりたい、高松の東急は落ち着くねと言ってもらえたら」。香川県は今年、瀬戸内海国立公園指定80周年や四国霊場開創1200年の関連行事でにぎわう。東急インでは、お遍路体験が出来る宿泊プランなどを予定している。

稲守 俊彦 いなもり としひこ

稲守 俊彦
  • 1964年7月 三重県伊勢市 生まれ
  • 1988年3月 亜細亜大学経営学部 卒業
  • 1988年4月 株式会社東急ホテルチェーン入社
      羽田東急ホテル配属
  • 2000年6月 本社財務部主計課
  • 2005年4月 株式会社東急ホテルズ 経営企画部
      財務MGR(会社分割)
  • 2007年9月 財務課長
  • 2014年1月 高松東急イン 総支配人

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動