当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年2月20日更新

料理で何も考えない時間をつくる STNet 上席理事 営業本部副本部長 新高松データセンタープロジェクト営業統括 田口 泰士さん

1988年、設立間もないSTNetに入社。「仕事の全てが新しいことへの挑戦でした」と振り返る。

焦らず、急がず、諦めず

30歳の時に初代所長として東京営業所(現首都圏営業部)に赴任。中央省庁や大手企業に向けての営業活動を始めた。顧客を他社へ奪われる失敗もあったが、それでも「諦めなければ何とかなる」と信じ、地道に営業を続けた。

「数年後、お客様は戻って来てくれました」。東京営業所時代の経験からは、「焦らず、急がず、諦めず」という教訓を得た。以後、部下にも自分自身にもそう言い聞かせている。

その後、本社に戻りケーブルテレビ会社と提携した「ピカラ光サービス」の立ち上げに携わることに。それまでSTNetが扱っていたのは法人向けサービスだったため、月々5千円前後の個人向けサービスがビジネスとして成立するのか不安に思ったことも。しかし、契約を積み重ね、ピカラ光サービスは10年で100億円を超える事業に成長した。

現在携わっているデータセンター事業に着手するきっかけとなったのは、2011年に起きた東日本大震災だ。首都圏に集中しているデータセンターを地方へ移転しようという流れが生まれた。「全国のデータセンターの7割が東京にあるのが現状です。災害の少ない香川は建設に最適な場所。好条件を生かして『データセンターと言えば香川』と思われるほどの一大産業に育てたい」

昨年完成した「Powerico(パワリコ)」は、西日本最大級の規模を誇り、国内外から注目を集めている。データセンター普及のため、積極的に講演会の講師も務める。「講演の最初に、気候の温暖さ、食べ物のおいしさなど香川の素晴らしさを話すんですが、いつも時間をオーバーしてしまいます」

得意料理はふわトロ卵オムライス

「新しい事業に取り組む時は事業が軌道に乗るまで、不安で眠れず夢に見るほど。料理をしている間だけ、何もかも忘れられます」。料理を始めたのは4年前。ケーブルメディア四国(CMS)の番組「男メシ」に出演するようになってから。

番組で教わった料理は、休日に作ってみる。家族にはふわトロ卵のオムライスが好評だ。番組と連動したブログ「男メシ」は、毎日欠かさず更新している。

「ぶり大根やミートローフも得意です。『脳』の使い方が仕事とは違って、リフレッシュできますね。料理した後は、仕事がさらにはかどるんですよ」。やはり仕事のことはいつも頭から離れないようだ。

田口 泰士 たぐち やすし

田口 泰士
  • 1965年12月 岡山県倉敷市生まれ
  • 1988年3月 香川大学経済学部 卒業
  • 1988年4月 株式会社四電情報ネットワークサービス(現STNet)入社
  • 1995年3月 松山営業所営業課長
  • 1996年11月 東京営業所長
  • 2001年6月 首都圏営業部マネージャー
  • 2005年3月 ピカラ営業部マネージャー
  • 2007年3月 ブロードバンドサービス本部副本部長
  • 2010年7月 理事就任
  • 2012年2月 新高松データセンタープロジェクト営業統括を兼務
  • 2012年7月 営業本部副本部長
  • 2013年7月 上席理事に就任

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動