当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年2月6日更新

ゴルフと書道 集中して心も体も軽く 日本たばこ産業 四国支店長 中島 毅さん

昨年の4月に着任。これまで長崎、福岡、東京、鹿児島、栃木と勤務してきた。中でも東京勤務は23年と長い。大学卒業までは、地元の佐賀で過ごした。学生時代はバドミントンやテニスを楽しんだが、今は専らゴルフ。「四国のコースは、気持ちの良いところが多いですね」

大学時代は書道部

大学4年間は、書道部に所属した。「墨のかすれ具合やスペースを使って、文字の響きを表したいと思っています。人それぞれの表現が好きですね」。墨をすって、畳一枚分ほどの用紙に向かう。筆は、馬毛や羊毛が一般的だそうだが、ホロホロ鳥の羽を好んで使う。面白い文字が書けるのだとか。

「墨の香りに包まれ、頭をからっぽにして集中する。そういう時間が必要なのかもしれません。ゴルフも同じですね。ただ、ゴルフに使う時間の方が長いですが」

ゴルフは、上司の誘いで40歳のときに始めた。毎年目標を立てて挑戦している。「サラリーマンゴルファーとしては、70台で回ることも目標の一つにしています」。最近は、妻にもゴルフを勧めている。「共通の趣味を持って人生を過ごしたいですね」

もう少し時間ができれば、挑戦してみたいのは陶芸。「書道もそうですが、この世に一つしかない作品を生み出すことが面白そうですね。スポーツも芸術も、鑑賞するより演じる方に興味があります」

変化に耐えられる強さを

「情報」という言葉は、「情けに報いる」と書く。30代のとき、上司からそう言われたことが心に残っている。「メッセージに込められた人の思いをくみ取れと、教えてくれましたね。コミュニケーションには頭だけでなく心も必要だということでしょう」

これまでの仕事で印象的だったのは、「タスポ」が導入されたときのこと。未成年の喫煙防止を強化するため、自動販売機でたばこを購入するには「成人識別ICカード」が必要となった。中島さんは、タスポ普及のためのプロジェクトに携わった。

「制度の改革や自然災害など、想定しない環境の変化はいつでも起こりえます。目指すのは、変化に耐えられる強い組織。それには社員一人一人の成長が欠かせませんね。個人が成果を上げ、チームに貢献し、結束力を高めることが必要です」

中島  毅 なかしま たけし

中島  毅
  • 1960年12月19日 佐賀市生まれ
  • 1983年3月 佐賀大学経済学部 卒業
  • 1983年4月 日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社)入社
  • 2000年4月 物流部調査役
  • 2004年7月 たばこ事業本部 営業統括部次長
  • 2006年7月 流通企画部次長
  • 2008年10月 M&Sグループ戦略担当部長
  • 2009年7月 鹿児島支店長
  • 2011年10月 宇都宮支店長
  • 2013年4月 四国支店長

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動