当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年1月16日更新

女性のための異業種交流会で仕事もプライベートも楽しく フィーメイル・コンチェルト事務局(ANA販売事業部高松支店アシスタントマネージャー) 岡部 恵子さん

2006年に"Female Concerto"(フィーメイル・コンチェルト)を発足させた岡部さん。コンセプトは「自由な発想を持つ魅力ある女性たちの異業種交流会」。入会の条件は、職業を持つ元気な女性であること。県内で活躍する企業人や銀行員、マスコミ関係、行政職員など会員数は約60名。これまで、参加メンバーの紹介で会員の輪を広げてきた。2カ月に1度、定例会を開催し、まもなく50回目を迎える。

「パワー全開の女性が集まれば百人力です。"FeCon"はいろいろなネットワークの入り口になっているようです」

フットワークは軽く

岡部さんも、もちろん元気な女性の一人だ。ANA入社のきっかけとなったのは、子どものころ毎年出掛けていた家族旅行。「当時のことがとても印象的だったんだと思います。両親の好みで、京都や奈良の神社仏閣によく訪れました」。就職活動を始めるときには、旅に関わる仕事がしたいという気持ちが明確になり、その当時好きだった「翼をください」という曲の歌詞が空への憧れにつながっていった。

入社後も、夏の休暇には旅行へ。「到着したら何をしようかと、出発前にあれこれ調べる時間がとても楽しい。クラシック音楽が好きで、ウィーン・ザルツブルクへは2度行きました。モルディブに行くため、スキューバダイビングのライセンスを取得したことも思い出深いです」

ダイビングスクールのインストラクターには「最初にモルディブに行ってしまったら不幸ですよ」と言われた。それほどにモルディブの海は美しかった。「海の中は別世界。時空が違うように感じますね。初めて潜った時は、浦島太郎が見た竜宮城って、この景色のことなんだと思いました。これからも、ときどきは非日常の世界へ出掛けたい。いつでもフットワーク軽くいたいですね」

地元のために何かを

「社会人生活が熟してきたころ、地元のために役に立つ何かをやらなくてはという思いが募ってきたんです。今まであるようで無かった、現場で働く『実戦部隊』の女性が集い、仕事やそれ以外の情報も共有できる場をつくりたいと考えました」。フィーメイル・コンチェルト発足以来、岡部さんが事務局を務めている。

定例会前半は、幹事が自身の仕事や趣味の話などについてミニプレゼンを行う。また、普段なかなか会えないような特別ゲストを招いての講演会や、ヨガ教室、航空教室なども行ったことがあるそう。後半は、食事を取りながら会話を楽しむ懇親会だ。「メンバーの意見を集約しながら、少しずつ進化した会になるよう心掛け、活動を継続していきたいですね」

フィーメイル・コンチェルトが目指すのは、プロフェッショナルな企業人、そして仕事以外の幅広い分野に興味を持つ心豊かな女性だ。

岡部 恵子 おかべ けいこ

岡部 恵子
  • 1958年5月2日 高松市生まれ
  • 1979年3月 駒沢大学短期大学部英文科 卒業
  • 1979年4月 全日本空輸株式会社(ANA)入社
      高松支店 配属

“Female Concerto”(フィーメイル・コンチェルト)

  • 2006年3月3日発足
コンセプト: 自由な発想を持つ魅力ある女性たちの異業種交流会
基本理念: 進化するプロフェッショナルな企業人を目指す
美と文化に関心を持ち、心豊かな女性を目指す
食と会話を通じて、分かり合える仲間を作る

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動