当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2014年1月3日更新

徹底した自己管理で家族も仕事も大切に 東京商工リサーチ 四国地区本部長 兼高松支社長 田中 現さん

「これまで横浜市外で生活したことがなかったんです」。神奈川県横浜市出身で、入社後は横浜支店に配属。その後は東京勤務が長かった。昨年7月に高松支社に着任。妻と娘、息子2人は現在も横浜住まいだ。

「香川は自然豊かで過ごしやすい場所。塩江には2回行きました。バスで行って、周辺を散策できるのがいいですね」

家族旅行は欠かさず

3人兄弟の末っ子で、姉と兄の影響を受けて始めたハンドボールは、高校・大学と続けた。ポジションは攻撃の中心となる「左45度」。特に、高校時代の厳しい部活動は思い出深い。「あと1勝すれば関東大会出場、というところで負けてしまいました。とても悔しい思いをしましたね」

今は、スポーツをする機会が少なくなってしまったため、積極的に歩く。歩くことのほかに、旅行も好きだ。毎年、家族旅行を兼ねて妻の実家がある東北へ出掛ける。

昨年は、小学4年の次男が一人で高松まで遊びに来た。小豆島を巡る二人旅をしたことは、夏の楽しい思い出となった。

仕事は追いかけて目標達成

東京商工リサーチは、国内約240万件の企業データを保有。企業情報の提供サービスなどを行っている。田中さんは入社後12年間、企業調査の調査員を務めた。「2000社以上訪問したのでは。調査報告書の内容は、企業の経営に影響を与えるかもしれません。責任と緊張感のある仕事です」

常々、仕事は追われるものではなくて、追いかけるものだと考えている。「追われるから、焦ってミスが生まれます。報告書に間違いがあってはいけませんから」。目標を立て、挑戦し、達成する。それをこつこつと積み重ねてきた。「達成するには、何より自己管理が必要です」

20年以上続けているのは、朝7時に出勤すること。残業もなるべくしない。「子どもが小さいときは、午後7時には自宅に帰っていました。東京勤務のころは電車通勤で1時間半ほどかかっていたので、高松では本当に朝が快適です」。どんなに仕事を抱えていても、時間は待ってくれない。限られた時間をいかに有効に使うかを常に意識する。

「成長を実現して実感しないと、地方経済はどんどん縮小傾向になってしまうと思います。そんな状況に陥らないためにはどうしたらいいのか、社員全員で考え、四国地区の業績目標を達成したいですね」

田中 現 たなか げん

田中 現
  • 1968年3月17日 神奈川県横浜市生まれ
  • 1990年3月 明星大学人文学部経済学科 卒業
  • 1990年4月 株式会社東京商工リサーチ入社
  • 2003年9月 営業本部部長
  • 2009年4月 事業統括本部上席部長
  • 2011年2月 経営企画室副本部長
  • 2012年5月 管理統括本部副本部長
  • 2013年7月 四国地区本部長兼高松支社長

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動