当サイトにおける全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。

ビジネス香川 -「いま」を伝え、「未来」を育てる-

文字サイズ
標準
拡大

ビジネス香川 ここにもあります 高松空港ANA・JAL便搭乗口、ことでん瓦町駅、高松市民病院、高松市図書館、香川県立ミュージアム・東山魁夷せとうち美術館、栗林庵、瓦町FLAG、高松市内のセブン-イレブン・ファミリーマート、JR四国バス ほか

  • プライムパーソン
  • Next開拓魂
  • It's me!それは私です
  • BK NEWS
  • さぬき美探訪
  • さぬき味探訪
  • 動向リサーチ
  • 瀬戸標(せとしるべ)
  • かがわのエンジン
  • とれぷれ
  • 特・選・本
  • 特・選・話
  • 本日、旅日和

It’s me! それは私です

2010年11月4日更新

オンとオフが行き来する日常を楽しむ - 四国経済産業局総務企画部長 小森 繁さん

今年8月、四国経済産業局総務企画部長に着任した小森繁さんの趣味の一つに、まち歩きがある。仕事柄、まちの表情は気になるという。「休日でもそうですが、出張のときもまちをくるくると歩きまわるんです。何かおもしろいものはないかなあって」。

それぞれのまちの「おもしろさ」を探しに

最近では、高松市内の仏生山町が印象に残っているという。高松松平藩の菩提寺・法然寺の門前に開かれた仏生山界隈は、古いまち並みを生かしたまちおこしも進行中だ。そのなかで小森さんが気に入ったのは、1軒のたばこ屋さんだ。「たばこのほかに、絵はがきや雑貨なども扱っている小さな店なんですが、店のおばちゃんと話をするとなぜか初めて会った気がしないんですよ。まちのことを話していても、おばちゃんは達観した感じで、けっして冷たいというのではないのですが、いい感じの間合い、距離感があって、好感を持ちました」

牟礼の「石あかりロード2010」でも、商店街でやっているのではという予想に反し、民家や工房の軒先のようなところにも作品を展示しまちぐるみであることに驚いたり、瀬戸内国際芸術祭2010で訪れた女木島や男木島では、話しかけてきたおじいさんと話し込んだりしたという。「普通に生きて、普通に暮らしている日常のなかに、そのまちの魅力は生きてくるのですね。観光客に変に媚びていないところがいいと思いました。地域おこしはその加減が難しい。完成品を提供するだけでは、買い手はだんだん飽きてしまう。多少不完全なところがある方が、ゲストと一緒に作り上げて行く雰囲気が生まれていいのかも」と小森さん。「暮らしている人と訪れた人が混在して立ち話するようなまちが、おもしろいと思いますね」

今、小森さんが執務する部屋のテーブルの一つには、四国各地のお菓子などが並ぶ。「四国を勉強しようと思っているんです。これもそのひとつ。こうして並べると、案外と地元の人も知らないものもあるんです。試食も可能ですよ(笑)」。お菓子が仲立ちとなり、来客者と様々な話題が展開していくようだ。

ライフスタイルも披露した「エコウエディング」

環境省の出身であり、小森さんはエコに対しても敏感だ。自身の結婚披露宴では、再使用、削減、リサイクル、修理の4項目を尊重した「エコウエディング」にした。「自分たちの手作り感覚で周囲の人や自然と対話しながら楽しくやるのがエコと思います」。出席者の招待状は電子メールで紙の無駄をなくしたり、植物素材の衣装を着用したり、料理は地元産の季節の有機野菜にして、食べ残しを少なくするためにビュッフェスタイルにした。参加者の会場までの交通手段でCO2排出量を計算し、ブラジルのバイオマス発電支援によるCO2削減量で相殺するカーボンオフセットを実施。「ケーキカットの代わりに、桃の木の植樹も印象的でしたね」。自分でやってみる、季節感を大切にしてみる、そんなところからもエコには取り組めるのだ。

最近は雑誌付録のスピーカーユニットを使ってステレオを作成中。結婚式の新郎新婦のテーブルで、花器に使用した竹を再利用して一応完成をしたが、小森さんは少々不満とか。夫婦そろってファンである小林研一郎さんが指揮するオーケストラの響きをもっと楽しみたいのが理由の一つという。「素材が竹なので、重厚な低音の響きに弱いのかも。何かいいものはないですか?」。スピーカーの箱を四国の特産で作りたいのだという。小森さんの四国各地のまち歩き、まだまだ続きそうだ。

教えて!小森さん

  • 質問1 単身赴任は何度目ですか?

    北九州市に続く、2度目の転勤

  • 質問2 香川県に来てどれだけになりますか?

    8月に来てから2ヵ月。暑い夏を乗り越えました

  • 質問3 家族のところには月何回帰りますか?

    妻が高松市民になる10月までは、月に2回

  • 質問4 香川県に来てから始めたことはありますか?それは何ですか?

    香川大学ビジネススクールの受験勉強

  • 質問5 週何回うどんを食べていますか?

    昼はうどんが多く、週3回以上

  • 質問6 週何回飲みにいきますか?

    外は2回程度。ベロコやシズなど地魚を焼いて家飲みも

  • 質問7 体にいいことを何かしていますか?それは何ですか?

    自転車で市内探索。道に迷って足が鍛えられます

  • 質問8 香川県でおすすめの場所はどこですか?

    仏生山の温泉とたばこ屋さん、丸亀町商店街のお茶屋さんなど

  • 質問9 休日はどのように過ごしていますか?

    まち歩き、ベランダ菜園、エコスピーカー素材さがし

  • 質問10 香川県のアピールしたい部分をおしえてください

    風景も人も優しく懐かしい味がする

小森 繁

小森 繁
  • 1967年 9月17日 東京都生まれ
            早稲田大学 政治経済学部政治学科 卒業
  • 1992年 4月 環境庁入庁
  • 2002年 4月 北九州市環境局環境保全部
    環境国際協力室長
  • 2004年 4月 環境省 大臣官房政策評価広報課長補佐
  • 2008年 7月 環境省 水・大気環境局総務課長補佐
  • 2009年 7月 環境省 地球環境局地球温暖化対策課長補佐
  • 2010年 8月 四国経済産業局総務企画部長
  • 現在に至る

It’s me! それは私ですとは

香川の支店経済を支えている方や、各種団体の代表者の方などにご登場いただき、ビジネスタイムではなかなか見せることのないもう一つの顔を少しばかりご披露していただきます。
プライベートにおける意外な趣味が、ビジネスでときおり垣間見せるその人柄の源になっているかもしれませんよ。

讃岐を歩く

ちょうさじゃ

吹き渡る涼風とともに祭りの季節がやってきた。豪華絢爛という言葉がぴったりな観音寺市豊浜町の「ちょうさ」。「ちょうさじゃ」の掛け声とともに練り歩いたり、かきくらべをしたり。まち全体が担ぎ手と見物客の熱気に包まれる。

Photo:T.Nakamura

讃岐を歩くの一覧はこちら

ページの先頭へ移動